スミレ幼稚園

スミレ幼稚園からのお知らせ

スミレ幼稚園からのお知らせをすべて表示する

聖書のおことば

「野の花がどのように育つのか、注意して見なさい」 (マタイ6,28)
ことしもオタマジャクシがカエルに変身し、池から這いあがり地上を跳ね回る光景にであいました。1㎝位の黒い粒に見えますが、長い脚と可愛い手がしっかりついています。目ざとい子どもがそれを見つけ、触ることさえできず長い間見つめている様子でした。捕まえて手に乗せ、子どもに近づけるとあわてて身を避ける子どもがほとんどです。何をどのように感じたのでしょうか。いのちの驚きの体験に、その対応のし方にとまどったのでしょうか。人間とカエルの違いは大きいにしても、同じ生き物としての存在を本能的に感じとった瞬間だったようにも思われます。 「野の花がどのように育つのか、注意して見なさい」ここはカエルのような小動物ではありませんが、聖書のこの言葉を思い出します。「明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。」(マタイ6,20) あらゆるコミュニケーション機器が進化し、人の手でつくられた人工知能(AI)がこれからの世の中を支配することになることでしょう。全てが人のコントロール下に置かれるような時代だからこそ、人が造ったものでないものに目を向ける必要があるように思います。自分自身の「いのち」をはじめ、自然のいのちの営みに目を向けさせることは大切な教育の内容だと思うのです。雨の日に傘をさし、長靴をはいて登園し、かたつむりを見つけたり、アジサイの花をみたり、塀越しに黄色く熟れていくビワの木を眺めたりしながら季節の移り変わりに気付かせることが本当の意味での深い教育なのではないでしょうか。 園長 鈴木正夫
聖書のおことばをすべて表示する

幼稚園だより

6月16日(金)お手伝いのお母様方に園庭の花壇をきれいにしていただきました。子どもたちも「新しい…
各クラスや学年で親子の楽しい時間を過ごしていただけましたでしょうか。 年少児ははさみ活動。自分で…
幼稚園だよりをすべて表示する

スミレ幼稚園紹介動画

基本情報

交通案内
お問合わせ
学校法人聖トマ学園

保護者専用ページ