スミレ幼稚園

スミレ幼稚園からのお知らせ

スミレ幼稚園からのお知らせをすべて表示する

聖書のおことば

子どもたちを私のところに来させなさい。妨げてはならない。(マルコ10.14)
先日の授業参観日(5月29日)にスミレ幼稚園は「新教育要領」に従って、これまでの見直しと、新たな試みに向かって動きだそうとしていることをお話させていただきました。 幼児期は色々なことをこれから学ぶにあたって、幼稚園はまず安心できる場所である事が大切です。そのためには先生たちとの良い人間関係を構築することが大切です。子供が一番話したい相手は、担当の先生であるような関係になれることです。どんなことでも何でも話せる相手、どんなことでもしっかり聴いてくれる先生が居て安心が実現します。自分をわかってもらい、自分の存在をだれよりも認めてもらえているとその子が実感できれば子どもは安心し、それを踏み台として何にでも主体的に挑戦できることでしょう。子どもが主体的に行動を起こすことが大切です。新教育要領の主旨はこのあたりにあります 家庭おいても基本はおなじです。自分の子供であってもその発言に耳を傾けること、舌足らずの言葉でも、その言いたいことを聞き取り、わかってあげること、時に正しい言い方(ことば)を丁寧に、優しく教えていくことは大切な日々の子育ての実践でしょう。 町を通りかかったイエスをみて、人びとが自分の子に触れていただけるよう子どもたちを連れてきましたが、弟子たちは人々を叱ったとあります。きっと幼児教育云々の時代ではありませんでしたから、弟子たちも当時の普通のやり方に従ったのでしょう。偉い先生のところにわけのわからない子供はふさわしくないとでも、単純に思ったのでしょう。それを見てイエスは「憤り」と書いてあります。「子どもたちを私のもとに来させなさい。妨げてはならない」と教え、子供たちを抱き上げ、手を置いて、祝福されたと聖書に書かれています。満面に笑みをたたえてイエスは子どもを抱き上げ、ひとり一人を祝福されたことでしょう。そうしますとイエスは最高の幼児教育者でもあったといえます。 園長 鈴木正夫  
聖書のおことばをすべて表示する

幼稚園だより

~ばらぐみ~ 早いものでもう1学期が終わります。年長になり、メロディオン、お茶ごっこ、放送局と新…
~うめぐみ~ 7月に入りましたが、梅雨空が続き少し肌寒く感じる日々となっています。子どもたちも天…
幼稚園だよりをすべて表示する

スミレ幼稚園紹介動画

基本情報

交通案内
お問合わせ
学校法人聖トマ学園

保護者専用ページ