スミレ幼稚園

スミレ幼稚園からのお知らせ

スミレ幼稚園からのお知らせをすべて表示する

聖書のおことば

取って食べるなと命じた木から食べたのか(創世記2-11)
気候変動なのか方々で豪雨になったり、土砂崩れが起こったりしています。普通の夏という言葉も意味をなさなくなっています。毎夏普通でないからです。今年はなかなか梅雨が明けず雨ばかりの7月、子どもたちの「お水遊び」ができる日が圧倒的に少なかったのを思い出しています。 豪雨や熱射病の話題は基本的には自然災害で、昔はどうにもならないものとあきらめていましたが、地球規模で語られるようになり、CO2の増加をもたらした人間の責任、つまり人災と思えるようにもなりました。自然環境は人類に任された神様からの贈り物ですが、人間は十分に配慮しなかった事になります。ブラジルのアマゾンの熱帯雨林は「地球の肺」と呼ばれています。ブラジルのトランプと言われる大統領は、火災になった今森林地帯の火消しを軍隊に命じ、自分も森林を大切にする人間であるかのように振る舞っています。彼の説明では、「すでに伐採してしまった不要な樹木を方々で人びとが焼却処分していて火事になった」と。伐採を容認し、目先の産業開発を進めている彼のお粗末な言い分でもある。 人が神の言いつけに背き、罪を犯したときの話しが、聖書の初めの方に書かれています。人間は何をしても良いが、神のために残しておかなければならない木の実がある。それだけは残しておくように言われている。しかし人間は無視し、神の領域を侵してしまう話しです。「おまえが裸であることを誰が告げたのか。取って食べるなと命じた木から食べたのか。」自分が裸であることに気づき、神の前から隠れる人間の姿が物語られています。大自然そのものを根こそぎ破壊することは人類の滅亡を意味しています。もう取り戻すことのできない最終ラインのところまで来ているような気がします。  
聖書のおことばをすべて表示する

幼稚園だより

【10月のねらい】   友だちと協力したり、目標をもって取り組み達成感を味わう。 【主活動】  …
…10月のねらい… ・好きな遊びを見つけ、友だちと共有しながらルールを守って楽しく遊ぶ。 …主な…
幼稚園だよりをすべて表示する

スミレ幼稚園紹介動画

基本情報

交通案内
お問合わせ
学校法人聖トマ学園

保護者専用ページ