スミレ幼稚園

スミレ幼稚園からのお知らせ

スミレ幼稚園からのお知らせをすべて表示する

聖書のおことば

人はパンだけでいきるものではない(マタイ4,4)
人はパンだけでいきるものではない(マタイ4,4) カトリック教会では今御復活祭を迎える準備をしています。ご存知のようにイエスの復活の前、彼は十字架の刑を受け殺され墓にほうむられると言う苦難の時を過ごします。厳しい道、「十字架の道」とか「茨(いばら)の道」とか言われています。出来れば「痛み」とか「苦しみ」は避けて通りたいものですが、そのようなわけにはいかないことが現実には多々あります。  聖書には、イエスが人々に教えを説いて回る前に40日間の厳しい修行のような時を過ごされた事が書かれています。その間飲まず、食わずの断食でした。一番空腹の時、「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ」と悪魔から誘惑された時「人はパンだけで生きるものではない」と答えられたと書かれています。  人は苦しいときは、その苦しみをすぐに取り去り、激しい欠乏の時は、急いで満たそうとします。40日間何も食べていないイエスの空腹時に、腹を満たすパンは喫緊の問題だったことでしょう。こんな時こそ「誘惑」や「そそのかし」というものが弱い時の人間にはおそってくるものです。  最近は児童虐待のニュースが多いですね。自分の子を死なせるほど厳しい対応をしてしまう若い親たちの話でもあります。それほど子供を憎んでいるとは思えません。むしろ本当を言えば可愛く思い、かわいがっていたことでしょう。死んでしまうとか、傷つくとか、その結果自分たちが刑罰を受けるとか思ってもみなかった事でしょう。親子の深い愛情関係にありながらつい虐待をしてしまっていることに気づくと言うことでしょう。社会的な繋がりに乏しく、閉鎖的な生活環境が続くと、弱い立場にある自分の子供に当たってしまう誘惑に負けてしまうようです。  子供は自分たちの未来そのものです。その未来を思いやる事より、現在の面倒くささ、やっかいさを取り去ることに目が向けられてしまいます。誘惑です。現在のつらさ、苦しみを避けることばかりに気を奪われると、未来を築き上げることを忘れてしまうのです。 園長 鈴木正夫    
聖書のおことばをすべて表示する

幼稚園だより

今日から英語が始まりました。 明るく元気な青池先生とすぐに打ちとけ ♪「オレンジ~ アップル~ …
初めてママから離れての幼稚園。 「ママ~」と泣いている子、「先生遊んでいい?」とおもちゃで遊び出…
幼稚園だよりをすべて表示する

スミレ幼稚園紹介動画

基本情報

交通案内
お問合わせ
学校法人聖トマ学園

保護者専用ページ