スミレ幼稚園

スミレ幼稚園からのお知らせ

スミレ幼稚園からのお知らせをすべて表示する

聖書のおことば

コリント人への第1の手紙 4-7
いったいあなたの持っているもので、いただかなかったものがあるだろうか(1コリント4,7) 体験入園がありました。親から離れられない子も居ますが、夢中になっておもちゃ遊びに没頭している子が大半です。自分から話しかけてくる子も居れば、そばに立っている私の手を引いて自分のブロックの組み立てを見てもらおうと当然のように私を引っ張っていく子も居ます。「すごいのをつくったねー」と言って、思いを一緒にします。ブロックがある程度高くなるとバランスを崩し、倒れてしまいます。そのことであまり残念がったりはしません。すぐにお隣の子が使っているパーツを平気で拾っては自分の積み立てに使用します。持って行かれた子も自分のものだとは主張しません。実に平和な光景です。 「格差社会」と言われて久しい。世界の富の偏りが激しいのです。ビル・ゲイツさんをはじめ世界のトップ8人の資産総額が36億人(世界人口の約半分)と等しいと言われています。また世界全体の1%の富裕層の富が残りの99%の富を上回っているとも言われています。富めるものは益々富み、そうでない者はますます貧しくなっていると言うことです。富裕層の富(財)は最も貧しい人々の犠牲の上に成り立っているのです。 紀元50年頃のキリストの使徒パウロの書いた手紙の中にある言葉です。富めるものと貧しい者の問題が聖書の中で扱われています。「もし、いただいたのなら、なぜいただかなかったような顔をして高ぶるのですか。あなた方はすでに満足し、すでに大金持ちになっています。」と書いています。現代の私たちの感覚では、「いただいた」とは思わず、努力して獲得したと思っています。他の人より賢く振る舞い、言い方を変えればずる賢く、戦略を練り、競争に勝った「勝ち組」である、と言うような感覚でしょうか。 神様の視点から言えば、地球上にあるすべての財(富)は人に委ねられたおくり物であって、それは地球上に住むすべての人や生き物のものです。偏った人々の牛耳る物ではないのです。持っている物は持たない者に分けるのが筋なのです。そうはいっても、この考え方は、現実とほど遠いもので、努力して儲ける事を知っている賢い者が手に入れることの出来るものと言う論理につき戻されてしまいます。 体験入園の子供たちのように、だれのものなのか気にせず、そこにあるものを自由に使って楽しい遊びに夢中になれたらどんなにすばらしいことでしょう。 園長鈴木正夫
聖書のおことばをすべて表示する

幼稚園だより

 子どもには、一つのことに夢中になり、集中してくり返しながら、能力を伸ばす時期があります。 モン…
【2月のねらい】友だちと楽しく活動する中で共通の目的を見出し、工夫したり協力する。 【主活動】小…
幼稚園だよりをすべて表示する

スミレ幼稚園紹介動画

基本情報

交通案内
お問合わせ
学校法人聖トマ学園

保護者専用ページ