スミレ幼稚園
スミレ幼稚園ロゴ

幼稚園だより

5/10(金)親子遠足

天気にも恵まれ、新江ノ島水族館へ行ってきました。

今回はロマンスカーの特別団体列車をとることができ、子どもたちも大喜びでした。青いロマンスカーの車内はとても快適で行きはもちろん、帰りの車内も楽しそうな様子がみられました。

水族館では大きな水槽の中をたくさんの魚が泳ぎ、今にもつかまえられそうなほど間近で見た子どもたちは「すご~い」と手をのばしたり、「背中に乗りたいな~」とつぶやくほど大きな亀をじーっと見つめたりと、ひとり一人の心の感動が伝わってきました。

イルカのショーではイルカがジャンプするたびに、大歓声があがり、大興奮でした。

そういえば以外に人気だったのが「ク・ラ・ゲ」でした。ゆ~らゆ~らと浮遊しているクラゲは大人が見てもとても幻想的でした。





土日休みがあけて今週、年中・年長組さんは遠足の思い出画を思い思いに描いている様子が楽しそうでした。子どもたちの豊かな感性で生き生きと表現できた作品がクラスに貼ってあります。是非見に来てください。





まだまだ水族館ごっこは続きそうです。また、ご報告します。

カテゴリー:幼稚園日記 - 2019-05-16

5月のおたより☆年中組

☆学年目標☆ 自分の思いやイメージを言葉で伝え合い、友だちと一緒に遊びや生活を進める。

…5月のねらい… ・好きな遊びを見つけ、保育者や友達と触れ合い伸び伸びと過ごす。

…主な活動… ・お当番表づくり ・遠足の思い出画 ・フルーツバスケット

~さくらぐみ~

ご入園・ご進級おめでとうございます。ドキドキわくわくしながら新学期、入園式を迎えた子ども達。少しずつ緊張した表情も和らぎ笑顔で過ごせるようになってきました。「いってきます」をした後に上る階段は、子ども達にとっては少し長い道のりですが頑張っています!!子ども達の姿が見えず不安もあるかと思いますが、笑顔で送り出して頂けたら嬉しいです(^^)

4月は初めての事でいっぱいでした!体操や英語では、先生の話をよく聞き楽しんで参加していました♪体操の先生に「体操座りが上手だね」と褒められ、にっこり笑顔に♪「もっとやりたい!」と意欲的な声も聞こえてきました!

こいのぼり製作ではフィンガーペインティングで模様を描きました。「赤と白でピンクになったー!面白いね」と友だち同士で話しながら、絵具の感触や混ざり合う色の変化を楽しみながら取り組めました。一人一人の個性が溢れた素敵な「こいのぼり」が出来上がりました☆これからも子ども達が楽しめる活動を考えていきたいと思います。

先日はお忙しい中、家庭訪問のご協力ありがとうございました。色々な経験を通して一人一人が意欲的に過ごしていけるように、寄り添いながら関わっていきたいと思います。皆で楽しく元気に過ごしていきたいと思います!1年間宜しくお願い致します。





 

~うめぐみ~

ご入園、ご進級おめでとうございます!暖かな春の陽気と共に新年度が始まりました!

階段を上がってお部屋に来るみんなの顔が、緊張した表情から日に日にお兄さんお姉さんの表情に変化してきました。バッチの色が変わった喜びや「うめ組だから、お着替え早いんだよ!」と頼もしい声も聞こえてきます!

体操や英語も早速始まり、どちらの活動も「楽しかった~(^^)」と元気いっぱい取り組んでいました。特に英語では先生の質問に「はい!はい!」と積極的に答える子が沢山居て、先生たちもみんなのパワーに圧倒されていました!これから1年間楽しみです♪

製作では、ハサミやのりを使ってキャンディーを作ったり、こいのぼり製作では絵の具でフィンガーペインティングを楽しみました♪指で絵の具を混ぜると、「ピンクになった!」「水色だ~!」と不思議な発見が沢山!模様にもこだわり、素敵なこいのぼりが仕上がりました。

先日はお忙しい中家庭訪問ありがとうございました。この1年間、子どもたちの「やってみたい!」という気持ちを沢山引き出せるように関わっていこうと思います☆また一人ひとりの気持ちに寄り添い、年中組みんなで力を合わせて色々な経験を重ねながら、楽しく過ごしていきたいです!1年間宜しくお願い致します!!



カテゴリー:各クラスだより - 2019-05-09

5月のおたより☆年長組

【学年目標】 ・友だちや保育者と関わる中で共同性 ・道徳性を身につける ・自分のやりたいことに向かって心と

体を十分に働かせる

【5月のねらい】 自分のやりたいことや好きな遊びを見つけ、身近な人との関わりを深める

【主な活動】 絵の具画・製作帳「かぶと」・壁面

*ご進級おめでとうございます*

~ばらぐみ~

新年度がスタートして、子ども達の表情が少しずつ和らぎ、緊張もほぐれてきたようです。自由あそびは、ばらぐみひまわりぐみが一緒にあそぶ姿があります。年長は合同で行うことが多いので、これからもクラス関係なく仲良くなった友だちを大切に、深めていってほしいです。

泣いている年少児に、腰をかがめて面倒を見る姿や、どこかへ行ってしまう相手を一生懸命追いかける優しい心を、子どもたちはたくさん見せてくれています。

「たんぽぽぐみのとき、ないていたなあ・・・」と自分を振り返る子もいて、笑ってしまいました。素晴らしいばらぐみの子どもたちです。

これから一人ひとりがどんな力を発揮してくれるのか、とても楽しみです。どうぞ宜しくお願いいたします。





~ひまわりぐみ~

新年度がスタートしました。友だちの姿に励まされ、緊張していた子ども達もすでに打ち解け始めています。自分のことは自分で進め、小さい友だちの手伝いをしている姿を見て「こんなにも頼もしくなったのか!」と驚きの毎日を過ごしています。

体操や英語、お茶ごっこに放送局と続々と新しい活動が始まりました。そんな中、毎朝、目覚めのダンスを行なっています。今月は『エビカニクス』です。年中で経験していたため、張り切って振りを教えてくれました。アップテンポにも関わらずキレがあってとても上手です。先生たちも子どもたちに負けないように頑張ります!

デイキャンプに向けて種いもを花壇に植えました。美味しいじゃがいもが育つようにみんなで念力を送りました。通じたのか早速芽が出始めています。神様のお恵みをうけて無事育ちますように、一緒に見守って頂けると嬉しいです。

今月は懇談会、家庭訪問とお忙しい中ご協力頂き有難うございました。子ども達が安心して園生活を送れるように保護者の皆さまと一緒に考えていきたいと思います。どうぞ1年間宜しくお願いします。明日からしばらくお休みです。怪我や事故をせず緊張した心と身体を休めてまた元気なみんなに会えるのを楽しみにしています。



カテゴリー:各クラスだより - 2019-05-09

5月のおたより☆年少組

☆学年目標☆  園生活に親しみ、決まりや生活習慣を身に付け、自分でしようとする。

…5月のねらい… ・園生活の仕方を知り、保育者と一緒に身の回りのことをしようとする

…主な活動… ・壁面製作・しゃぼん玉

 

~ちゅうりっぷぐみ~

ご入園おめでとうございます。子どもたちは、幼稚園の生活にも少しずつ慣れてきて、最初の泣き声が少しずつ笑い声に変わってきました!少しずつ自分の話をしてくれたり、思いを伝えてくれるようになってきました。連休明けにはまた不安になってしまうかもしれませんが…先生たちは笑顔で待っています♪

先日の園内探検では、グループに分かれてスタンプラリーをしながら幼稚園の中を探検しました。ちゅうりっぷ組から出て、他の場所に行くことやスタンプが増えていくことを楽しんでいました。「また探検したい!」とリクエストがあったので2階のお部屋にも遊びに行っています。

初めてのお弁当では、登園してきてすぐに「先生、今日お弁当持ってきたんだよ!」「お弁当まだ?」と朝から楽しみにしている様子が見られました。初めてのお弁当の支度も一生懸命頑張っていました。待ちきれずに蓋を開けてお弁当を眺めている子もいましたが(笑)みんな揃って挨拶をして、楽しくお弁当を食べました♪

これから初めての経験をたくさんしていく子どもたちが、この1年でどんな成長を見せてくれるのかとても楽しみです。1人ひとりを大切にしながら、子どもたちが期待をもって過ごせるように関わっていきたいと思います。

ちゅうりっぷ組の皆さん、みんなで楽しい思い出をたくさん作りましょう!

1年間よろしくお願いします!





~たんぽぽぐみ~

ご入園おめでとうございます!暖かい陽気と共に幼稚園生活が始まりました♪

入園当初は緊張や不安があった子どもたちでしたが、次第に慣れてきて笑顔で登園して来てくれるようになりました。お部屋では、ブロック遊びやおままごと等、自分の好きな遊びを選んでいる様子が見受けられます♪

初めての製作活動ではこいのぼりを作りました。体を囲むようにシールを貼ったり、全体的に貼ったり、楽しんで活動に取り組んでいました。カラフルで個性溢れる作品となりました♪

そして、皆がとっても楽しみにしていたお弁当も始まりました。「みーなーさん」の声掛けに「お弁当まだ?」と何度も聞いていました(笑)お弁当の時間になると嬉しい気持ちが溢れて「見てみて!たまご焼だよ!」「これ大好きなの!」と沢山話してくれました!(*^^*)気が付くとお弁当箱の中のご飯は空っぽに!あっという間に食べてしまい、満面の笑みで「食べました!」と報告に来てくれています。

自由遊びでは一人遊びから次第に友だちを意識しはじめている様子が見られます!これからもっとお友達とお話をする楽しさや一緒に遊ぶ楽しさを幼稚園での生活を通して伝えていけたらと思っています。一年間よろしくお願い致します。



カテゴリー:各クラスだより - 2019-05-09

あの方は復活なさってここにはおられない(マルコ16,6)

4月21日は教会では復活祭が行われました。伝統的なカトリックの儀式が行われイースターの卵も配られました。卵の中からひよこが出てくるように、暗い死の墓からイエス様も復活されたことを祝っているのでしょう。

復活と言えば、死んだ体がもとの体に生き返ると言うことより、全く新しい命にかわるという意味で理解されます。生き返ってもいずれまた死んでしまうような生き返り方ではないのです。もう死ぬことのない神様の命の中に、永遠の命とも言われているものに変わるのです。

死んだらすべて終わりと一般的に考えられています。きっとあの世の世界の話でもしているのでしょうと片付けられることもあります。

新学期が始まり、新しい園児たちが登園しはじめました。なかなか教室に入れず親から離れられない子供もいます。親の方は始まるとすぐにお迎えの時間が来てしまい、特にこの期間、親は子供のためにはり付けになっています。子育てには自己放棄が余儀なくされます。自分のためではなく、必要なことのために使われる自分の命というものを実感しています。自分の時間が奪われてしまっているのです。このようなことを愛の行為と呼んでいます。

復活の出来事は、「いのち・愛の意味」を考える時でもあります。イエスは人を愛することを教え、生き方を通してそれを示されました。しかし2000年以上経った今でも、まだ人の命が軽視され、スリランカでは日本人をも巻き込む自爆テロがあったばかりです。「愛の教え」はどこへ行ったのでしょう。長い歴史の中で「愛の教え」は何度も殺され、墓に葬られています。キリストの出来事のようです。それでも見返りを求めない、ひたすらに子どもの命を守ろうとする親たちの愛をはじめ、嘘ではなく正しいことを必死に守り抜こうとする人、人の過ちをゆるしどこまでもつながりを絶やさない人、弱い立場の人に手をさしのべる優しい人々が居ます。愛を実践しようとすれば大変です。疲れます。時間やお金まで使うことになります。時には命まで危険にさらすことにもなるのです。イエスのように殺され、二度と出て来れないよう墓に葬られるような事にもなります。しかし、そのような人こそ永遠に死なないイエスの復活の命をいただくことになると言う教えが復活の信仰です。

 

カテゴリー:聖書のおことば - 2019-05-09
1 2 3 4 5 6 40